同期のために罷免され半世紀 弁護士が今、伝えたいこと

有料会員記事

米田優人
[PR]

 半世紀前、司法修習生の終了式で、同期のために発言した結果、最高裁から罷免(ひめん)され、法律家の資格を得られなかった青年がいた。2年後に再び修習生に採用され、弁護士として活動する阪口徳雄(とくお)さん(78)=大阪弁護士会=だ。この春、同期らと「司法はこれでいいのか。」(現代書館、税込み2200円)を出版した。司法の独立が揺らいでいないかと警鐘を鳴らす。

 「今じゃあんなこと、ようやらんけどね。若くないとできん」。阪口さんは笑う。「あんなこと」は、50年前に起きた。

 1971年4月5日。司法試験に合格し、裁判官など法律家になる人が受ける司法修習(当時は2年間)の終了式が開かれた。修習生として出席していた阪口さんは、祝辞のために登壇した研修所長に直訴した。

 「不採用者に10分だけ話をさせてあげてほしい」

 この年の3月、司法修習で同期だった裁判官志望の7人が採用されなかった。よほどの理由がない限り、希望通りに採用されるのが通例だった。同期の代表として、終了式で発言するよう促された阪口さんは、ともに机を並べた仲間を思い「何も言わないままでいいのか」と、腹を決めた。

 だが、研修所は、阪口さんの…

この記事は有料会員記事です。残り885文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!