すき家ゼンショー「2030年まで毎年賃上げ」労使合意

若井琢水
[PR]

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスが、基本給の水準を底上げするベースアップ(ベア)を2030年まで毎年実施すると労使合意したことが分かった。外食産業新型コロナ禍で苦境が続くが、従業員に安心して働いて消費を活性化してもらうため、異例の決断に踏みきったとしている。

 対象は正社員(現在約1180人)で、賃上げ率は毎年交渉する。アルバイトなど非正社員の時給も段階的に上げていく方針。労使合意には、業績悪化による希望退職の実施などのリストラを30年までしないことも盛り込まれた。

 同社は13年からベアを続けており、30年まで続けば18年連続になる。広報担当者は「個人消費の源泉は給与。(賃上げが)1年だけだと貯金に回るので、長期で安心して働けることが大事になる。うちが上げることで、他の企業も続く流れをつくって日本経済を盛り上げたい」と話す。

 ゼンショーは今春の労使交渉でも、コロナ禍を理由にベアを見送る企業も多いなか、月1500円のベアを実施(定期昇給分を合わせた賃上げ率は2・2%)で妥結した。2021年3月期決算は、売上高が前年比5・6%減の5950億円、純利益は81・1%減の22億円だった。(若井琢水)