九州地域航空3社、大手系列越え共同運航へ 来年秋にも

新型コロナウイルス

松本真弥
[PR]

 九州の地域航空3社と全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の2社が来年10月をめどに共同運航(コードシェア)の開始をめざしていることが分かった。人口減少新型コロナウイルスの広がりで経営環境が悪化するなか、大手2社の枠組みを超えた協業で離島便などの地方路線を維持する。

 地域航空はANA系列のオリエンタルエアブリッジ(長崎県大村市)、日航系列の天草エアライン熊本県天草市)と日本エアコミューター鹿児島県霧島市)。現在は系列内での共同運航だが、今後は例えばANAと天草エアの共同運航などに拡大する考えだ。

 この5社は2019年に協業組織を設立し、共同運航の検討のほか、旅行商品の共同企画を行っている。(松本真弥)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]