五輪豪州ソフトの初練習は非公開に 感染防止指針整わず

長田寿夫
[PR]

 東京五輪に向けて群馬県太田市で事前合宿中のソフトボール女子豪州選手団が5日に予定している初練習について、市は4日、非公開で実施すると発表した。当初、冒頭の約20分間を報道陣に公開するとしていたが、新型コロナウイルス感染防止のための指針策定が間に合わなかったという。

 豪チームは1日、7月開幕の五輪に出場する海外選手団として初めて来日し、太田市内のホテルに滞在している。

 市によると、5日の初練習やその後の練習試合について、選手と報道陣の動線分離や立ち入り禁止エリアの設定など感染防止対策が不十分だとして、内閣官房から厳格な指針の策定を求められ、見直しに着手しているという。

 豪チームが7月17日までの滞在中、実業団や大学チームと予定している約30の練習試合についても、指針が認められるまでは観戦できないという。市は「国と協議し、許可が得られたら公開したい」と説明している。

 また、6日に予定されていた東海大学との練習試合は、大学側が市に日程変更を申し入れ、見合わせとなった。(長田寿夫)