サンドと飼育員プレゼン合戦「動物に嫌われる園長が…」

有料会員記事

小原智恵
[PR]

 全国30の動物園の飼育員さんとリモートでつなぎ、プレゼン合戦をする番組「サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦 ZOO-1グランプリ」(CBCテレビ制作)が19日午後2時にTBS系11局で放送される。

 「振る舞いが人間のような動物部門」や「貴重!偶然撮影した動物映像部門」など四つの部門でグランプリを決める番組で、昨年9月に続き2回目。

 MCのサンドウィッチマンの伊達みきおさんと富澤たけしさんが3日、収録後にオンライン記者会見を行った。

 主な一問一答は次の通り。

 ――2回目の「ZOO-1グランプリ」。収録の雰囲気は

伊達 スタッフも少なくて、カメラは7~8台くらいあったんですけど、カメラマンは1人でしたね。まさかの態勢でしたけど。動物のかわいい映像を見ていると自然と笑顔になりますし、すごく和やかなムードで収録は進みました。

 ――30の動物園の飼育員さんと一斉にリモートでつないでの収録でした。印象に残った飼育員さんは

伊達 ホワイトタイガーのメイクをしていた伊豆のアニマルキングダムの飼育員さんです。顔面を(白塗りの)ホワイトタイガーメイクしていたんですよ。最後まで、あえて触れなかったんですけど、すごく目立っていました。

「相方を動物にたとえると?」の質問に、富澤さんは「相方はイワトビペンギン」と答えました。記事後半で紹介しています。

 ――ちょっと何を言っているのかわからないようなマニアックな飼育員さんはいましたか

伊達 30人いました! (笑…

この記事は有料会員記事です。残り2109文字有料会員になると続きをお読みいただけます。