米軍目撃の飛行物体、宇宙人の証拠なし 米機関が報告書

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米紙ニューヨーク・タイムズは3日、「未確認飛行物体(UFO)ではないか」と話題になった米軍による謎の飛行物体の目撃情報について、米情報機関の調査で宇宙人の乗り物であるという証拠は得られなかったと報じた。報告書は6月25日までに米議会に提出される予定という。

 同紙が報告書について説明を受けた政府高官の話として伝えた。米情報機関が過去20年間に報告された120以上の目撃情報を検証したところ、米軍や米政府が秘密にしている先端技術が偶然目撃されたわけではないと結論づけた。しかし、観察された現象が何だったのかは説明できないという。

 目撃情報のうちのいくつかは、中国やロシアの軍による軍事技術の実証実験の可能性があるとした。中国やロシアはハイパーソニック(極超音速)兵器を開発しているとされ、「もし目撃情報がこの実験だったとすれば、中ロの技術は米国の軍事開発をはるかに上回っている」という関係者の話も紹介した。

 UFOをめぐっては、同紙が…

この記事は有料会員記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。