第1回ずーっと「鴨の水かき」 だからこそ女性を笑顔にしたい

有料会員記事

編集委員・中島隆
[PR]

「太陽たちの笑顔」 第1回

 早かった大阪市の梅雨入り。その中休み、晴れた御堂筋を、ハイヒールで歩く。コツコツコツという音とリズムが、自分を奮い立たせてくれる。

 いつも笑顔で前に進むぞ!

 橋本典子、39歳。

 2016年に「Animo(アニモ)」という会社をつくった女性だ。社名はスペイン語で、「応援する」という意味である。

 保育園を全国20カ所あまりで展開。子育て、介護などで企業社会から遠ざかっていた女性を支援するビジネスマナー講座や、貧困に苦しむシングルマザーに働く場所を紹介する人材派遣も手がけている。

 従業員5人ではじまったが、いまや250人になった。

 典子は自身に誓っている。すべての女性が夢を持ち、実現をめざせる社会をつくる。しあわせにする。笑顔にするんだと。

 彼女を知る経営者は言った。

 「いつも太陽のような笑顔を振りまいてくれる。元気をもらえるんだ」

見られていないところで努力

    ◇

 典子は、ものづくりの街、大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載太陽たちの笑顔(全3回)

この連載の一覧を見る