得意技は回し蹴り 恐怖心を楽しむ 三浦璃来物語(上)

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 「顔が!顔が!」

 日本時間の午前3時。カナダにいるフィギュアスケートペアの三浦璃来(りく)(19)=木下グループ=から、母親の由理子さんに突然電話がかかってきた。ビデオ通話に切り替えると、三浦が口から出血していた。3月24日にスウェーデンで開幕した世界選手権の、約2週間前のことだった。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

 三浦は滞在先で突然ふらついて倒れて顔を強打し、口内を負傷した。カナダは土曜日だったが、パートナーの木原龍一(28)=木下グループ=らが急いで病院を探して治療した。世界選手権は、実は口内に治療器具を入れた状態で臨んでいた。

 「今となっては思い出話になりますが、どうしようかと思いました。日本からはどうすることもできないですし。本当に龍一君にいつも助けてもらっています」と由理子さんは話す。

 そんな苦境を乗り越えて、三浦、木原組は世界選手権で10位に食い込んだ。初めて自力で2022年北京五輪の日本のペア出場枠「1」を獲得した。

 三浦は「シーズンの集大成としての世界選手権でいい成績を残せたというのは、本当に私たちにとって次の成長になると思います」。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、シーズン初めての試合となった世界選手権。自分たちの評価がどれくらいか不安だったが、自信を手にした。

 「本当にすごいことだと思い…

この記事は有料会員記事です。残り935文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]