ミャンマー国軍、ASEAN利用か 正当性アピール狙い

有料会員記事ミャンマーはいま

バンコク=福山亜希
[PR]

 クーデターで権力を握ったミャンマー国軍のミンアウンフライン最高司令官と、東南アジア諸国連合(ASEAN)代表の4日の会談について、ミャンマー国営メディアは昨年の総選挙での不正や民主派のテロ行為などについて意見を交わした、と伝えた。国軍には会談を利用し、統治の正当性を改めてアピールする狙いがあるとみられる。

 今年のASEAN議長国ブルネイのエルワン・ユソフ第2外相、リム・ジョクホイASEAN事務局長らがミャンマーの首都ネピドーを訪れ、4日午前にミンアウンフライン氏と会談した。

 5日付の国営紙は、4月のASEAN首脳会議の結果についても意見を交わしたとしており、首脳会議で合意した特使の派遣をめぐって人選や時期などを協議した可能性がある。

 国営紙は一方で「(民主派勢…

この記事は有料会員記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら