通信制高校から東大や海外大へ? 人気のわけは

有料会員記事変わる進学

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 少子化の中、通信制高校の人気が高まっている。昨年5月時点の生徒数は初めて20万人を超え、今年度はさらに増えそうだ。新しい教育に挑戦する通信制高校も出てきている。(編集委員・宮坂麻子

 角川ドワンゴ学園の広域通信制高校「N高校」(沖縄県うるま市)では今春、約4300人が卒業した。

 開校した2016年4月に約1500人だった在籍生は、昨年12月には約1万7千人まで増加。約8割がオンラインで学ぶ「ネットコース」に在籍し、全体の5割弱が首都圏の生徒だ。

 プログラミングや職業に直結する教育で注目されるが、オンラインの学習指導もあり、大学合格実績も年々伸ばす。昨年度実施の入試では、東京大4人(推薦入試1人含む)、筑波大5人、京都大・大阪大各1人など国公立大に計57人が合格。医学部医学科は8人、早稲田・慶応・上智・東京理科大に計43人で、海外大36校にも合格者が出た。

■東大進学の学生、すき間時間…

この記事は有料会員記事です。残り2080文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら