もぐもぐ、どぼん……カピバラの子、元気な姿

永沼仁
[PR]

 山梨県山梨市の万力公園動物広場で、4頭のカピバラの子どもの公開が始まった。干し草を食べたり、水浴びをしたり、愛くるしい姿が話題になっている。

 今年3月29日に誕生してから2カ月余。体長約35~40センチ、約2・5キロと体も一回り大きくなり、プールで泳げるようになったため公開できるようになった。

 初日の5日午後、飼育場は家族連れでにぎわった。昭和町の小沢咲人さん(8)は「お母さんが大きくて、子どもはイメージより小さかった。すごくかわいい」と話していた。

 4頭はすべてオス。飼育場が手狭で、成長すると縄張り意識が強くなり傷つけ合うこともある。秋にも「巣立ち」を予定しており、「期間限定なので会いに来て」と公園の担当者。入場無料。公開は毎週火、水、木、土、日曜の午後2時~午後4時半。雨天時は公開しない。(永沼仁)