同じ女性に誤って1日2回ワクチン 群馬の接種センター

新型コロナウイルス

[PR]

 群馬県は6日、米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンを使う県営「東毛ワクチン接種センター」で、館林市の60代女性に誤って同日に2回接種したと発表した。今のところ女性の体調に異常はないというが、しばらくは県が電話で健康観察を続ける。

 県によると、女性は6日、1回目の接種後、経過観察のブースに入るはずが、誤って別の予診・接種ブースに入室。このブースで予診を担当していた医師は、女性の予診票に別の医師のサインがあることに気付いたが、接種場所への移動を促した。誘導担当の事務員も予診票を確認せず、2回目の接種が行われた。

 その後、事務員が接種済みを示すシールを予診票に貼ろうとしたところ、1回目のシールに気付き、重複がわかったという。

 県は、誘導担当の事務員を増やすなどして、再発防止に努めるとしている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]