千葉知事、SNSで県民とやりとり 就任前後で投稿一変

有料会員記事

小木雄太、高室杏子、酒井祥宏
[PR]

 【千葉】5月31日、知事・熊谷俊人は、自身のツイッターに寄せられる疑問や批判に対し、説明や反論を重ねていた。

 〈(県が初の集団接種会場を千葉市に設置すると発表したが)松戸、成田、銚子、勝浦…なぜ複数拠点で同時進行できないのですか?〉

 熊谷 「(前略)医療従事者の確保、アクセスの良く空調付きの大空間はそんなに簡単に用意できません(後略)」

 〈東葛地区で大規模接種を要望しても、熊谷が無視したとの事だ!〉

 熊谷 「(前略)うがった見方はやめましょう」

 熊谷が4月に知事に就任して2カ月。ツイッターの投稿は130回を超え、時に県民らとのこんな直接のやりとりも発生した。

 前知事の森田健作は知事としてネット空間で県民らと直接つながるツイッターなどを持っていなかった。2019年の台風15号では県内各地の甚大な被害に気づけず、台風翌日には県庁から約30キロ離れた芝山町の「自宅」に帰宅し、後に謝罪。知事4選の芽が絶たれる要因となった。

 熊谷にとって、県民の声が直…

この記事は有料会員記事です。残り901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。