ハリー王子夫妻に第2子誕生 長女「リリベット」と命名

ロンドン=金成隆一
[PR]

 米カリフォルニア州で暮らす英王室のハリー王子(36)と妻メーガン妃(39)は6日、第2子となる女の子が4日に同州サンタバーバラの病院で生まれたと発表した。BBCによると、王位継承権は8位となる。

 発表によると、体重は約3・5キロ。母子ともに健康という。「リリベット・ダイアナ・マウントバッテンウィンザー(Lilibet Diana Mountbatten-Windsor)」と名付けられ、愛称「リリ(Lili)」。リリベットは、ヘンリー王子の祖母エリザベス女王の家族内での愛称から、ミドルネームは王子の母、故ダイアナ妃からとられたという。

 夫妻は「この子は私たちが想像してきた以上の存在で、世界中から寄せられた愛と祈りに感謝します」との談話を出した。

 2018年に結婚した夫妻には翌19年に長男アーチー君(2)が誕生。夫妻は20年3月末で英王室の公務から引退している。(ロンドン=金成隆一)