「新ヒーローだ」笹生の快挙、母の故郷フィリピンも沸く

有料会員記事

津田六平 藤野隆晃
[PR]

 女子ゴルフの全米女子オープン選手権を制した笹生優花選手(19)は、父は日本人、母はフィリピン人で、二つの国籍をもつ。19歳の快挙にフィリピンメディアも沸いている。

 民放大手ABS―CBNは7日、「歴史的快挙!」と速報ニュースを配信。「笹生選手はメジャーを制した初のフィリピン人選手になった」とたたえた。

 英字紙のインクワイアラーは、大会があった米カリフォルニア州でフィリピン国旗を振って喜ぶファンらの写真とともに、「フィリピンのファンや家族が笹生選手の歴史的勝利をお祝いしている」と伝えた。

 フィリピンの国民的歌手であるオギー・アルカシッドさんも自身のツイッターで「新しいヒーローの誕生だ」と喜んだ。(津田六平)

日本からも喜びの声続々、高校の担任も声弾ませる

 ゴルフの全米女子オープン選…

この記事は有料会員記事です。残り385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。