定額でクルマが進化 トヨタ「KINTO」で新サービス

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は7日、自動車を購入せずに定額制サブスクリプション)で利用できる「KINTO」で、車に搭載したソフトウェアをアップデートして最新の性能を提供する新サービスを始めると発表した。普段乗る車が、追加料金なしで「進化」するという。

 対象車種はスポーツカー「GRヤリス」のKINTO限定特別仕様車だ。「GRヤリス」は、トヨタのレース参戦マシンとして、世界各地のレースを走って改良が続けられている。

 新サービスでは、レースを通じて開発した最新技術をKINTOの「GRヤリス」にアップデートして提供。エンジンやブレーキの性能が高まったり、運転しやすくなったりする。KINTOは、車両代のほか任意保険や自動車税などを含む毎月定額の料金(税込み)を払えば、新車に一定期間乗れるが、新サービスは、性能のアップデートも料金に含むのが特徴だ。

 料金は3年契約で月額8万1840円から。ボーナス併用のプランもある。最初のアップデートは、来春以降の予定。スポーツカーを扱う販売店「GRガレージ」でアップデートする。モータースポーツ部門トップの佐藤恒治氏は「最新の技術を迅速にお届けする新たな挑戦だ」と話した。(三浦惇平)