阪神・野村克也監督が続投していたら…29日に追悼試合

有料会員記事

稲崎航一
[PR]

 阪神が29日のヤクルト戦(甲子園)を、昨年2月に死去した野村克也元監督の追悼試合として開催する。

 野村さんは1999年から2001年まで阪神の監督を務めた。3年連続最下位だったが、妻の脱税事件がなければ02年も続投することが決まっていた。

 わたしは01年から03年まで阪神担当だった。野村監督が俊足の赤星憲広藤本敦士ら「F1セブン」を抜擢(ばってき)し、配球を学ばせて不振の桧山進次郎を立ち直らせ、後を継いだ星野仙一監督が03年に優勝する様を見てきた。

 今でもたまに思う。野村さんが続投していたらどうだったかな、と。

 優勝は難しかったかもしれな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。