中京銀行、希望退職募る 頭取と会長の役員報酬は2割減

近藤郷平
[PR]

 中京銀行は7日、希望退職者を募ると発表した。対象は45歳以上の総合職か、すべての年齢の一般職で、同行が適用を認めた人。募集の人数は定めない。経営責任をはっきりさせるため、小林秀夫頭取と徳岡重信会長は役員報酬を7月から12月までの6カ月間、月額で20%減らす。

 同行は今年2月、2024年3月期まで3年間の経営計画を発表し、店舗数は約3割、人員は採用の抑制や希望退職を募り25~30%ほど減らす方針を示していた。希望退職を募るのは8月2~20日で、対象者には割り増し退職金を支給する。希望者には、支援会社を通じた再就職の支援をする。(近藤郷平)