埼玉県、五輪・パラのPVを中止 「感動共有したいが」

新型コロナウイルス

川野由起
[PR]

 埼玉県の大野元裕知事は7日の記者会見で、東京五輪パラリンピック期間中に同県内のソニックシティ(さいたま市大宮区)と朝霞市立総合体育館で予定していたパブリックビューイング(PV)を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から判断したとしている。

 大野氏は会見で、「PVで五輪の興奮と感動を共有していただきたいと考えていたが、意義と感染症のリスクを総合的に勘案し中止を決定した。大変残念だが、主催者としての判断だ」と述べた。

 県によると、PVは7月31日~8月8日に大宮で、8月28日~9月5日に朝霞でそれぞれ実施。2カ所で延べ約1万1千人の来場を想定していた。(川野由起)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]