中学から世界転戦 日本に収まらぬ笹生優花のゴルフ道

有料会員記事

渡辺芳枝
[PR]

 ゴルフのメジャー大会、全米女子オープン選手権を日本勢で初めて制した19歳の笹生(さそう)優花選手は、世界を渡り歩く中で力を磨いた。

 フィリピンで生まれ、ゴルフを始めたのは日本で暮らしていた8歳の時。すぐに「世界一になりたい」と言い始め、小学生のうちに安く練習ができる母の故郷・フィリピンに渡った。

 中学からは不動産業を営む父・正和さんと2人で、世界の試合を転戦するように。正和さんは遠征費用の負担が重いことを周囲にもらしながらも、サポートを惜しまなかった。

 世界での活躍を視野に入れ、語学学習にも力を入れた。今は日本語のほか、英語、タガログ語、タイ語、韓国語を操る。インタビューでは質問者の言葉に合わせて使い分け、「日本語は苦手な方かも」と笑うほどだ。

 ゴルフの見本にしていたのも…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら