• アピタル

米国立研究所「武漢研究所からの流出説に説得力」 米紙

新型コロナウイルス

ワシントン=園田耕司
[PR]

 新型コロナウイルスの起源をめぐり、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は7日、米国立研究所が昨年5月、中国の武漢ウイルス研究所から流出したという説は説得力があり、さらなる調査が必要だと結論づける文書をまとめていたことがわかったと報じた。

 複数の関係者の話として伝えた。米カリフォルニア州のローレンス・リバモア国立研究所の「Z部」と呼ばれるインテリジェンス(情報収集・分析)部門が担当していたという。WSJによれば、この研究所は生物学問題に極めて豊富な知見をもち、今回の研究はウイルスのゲノム解析に基づくという。

 研究所のまとめた文書は昨年5月27日付で、新型コロナウイルスが武漢の研究所から流出した可能性をさらに調査する必要性が示されているという。研究は米国務省によるウイルスの起源をめぐる調査に大きな影響を与え、同省当局者は昨年10月下旬に研究結果を受け取り、さらに情報提供を求めたという。

 WSJによると、今回の研究は、武漢ウイルス研究所から流出したという説を米政府が真剣に調査した初めての取り組みという。

 米国務省はトランプ政権末期の今年1月、「武漢ウイルス研究所の活動」と題した声明を発表し、2019年秋に同研究所の数人が新型コロナインフルエンザに似た症状を発症したという情報があると発表している。(ワシントン=園田耕司

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]