「友よ、忘れない」 秋葉原殺傷から13年、相次ぐ献花

有料会員記事

増山祐史
[PR]

 東京・秋葉原の歩行者天国で7人が殺害され、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件から8日で13年となった。現場には早朝から多くの人が訪れ、花や飲み物を供えたり手を合わせたりした。犠牲者の友人や秋葉原を愛する人たちは理不尽な事件への怒りを新たにし、「ずっと忘れません」と誓った。

消えない怒り「なぜ何の罪もない人が…」

 「直樹、来たよ。ゆっくり休んでくれ」

 午前9時前、横浜市の会社員秋山茂さん(43)が現場に白い花を手向けた。

 あの日、専門学校の同級生、宮本直樹さん(当時31)が刃物で襲われ、犠牲になった。よく一緒にゲームなどで遊んだ仲で、同じコンピューター関連会社で働いたこともあった。大切な、大切な、友人だった。

 宮本さんの死は、友人からの電話で知った。

秋葉原無差別殺傷事件

2008年6月8日、元派遣社員の加藤智大死刑囚(38)が、多くの人でにぎわう秋葉原の歩行者天国にトラックで突っ込んだ。通行人をはねた上、刃物で次々に襲って7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。15年2月に死刑が確定。

 「『まさか』の一言だった。人違いであってくれと祈るしかなかった」

 通夜で再会した宮本さんは変…

この記事は有料会員記事です。残り731文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら