カナダで車突っ込み一家4人死亡 反ムスリムのヘイトか

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 カナダ東部オンタリオ州ロンドンで6日、歩道を歩いていたイスラム教徒の家族5人にピックアップトラックが突っ込み、4人が死亡、1人が重傷を負った。警察はトラックを運転していたとみられる男を逮捕。イスラム教徒を狙ったヘイトクライム憎悪犯罪)とみて捜査している。

 警察の7日の記者会見によると、亡くなったのは74歳と44歳の女性、46歳男性、15歳少女の4人。9歳の少年が重傷だという。遺族の希望により、氏名は公表されていない。

 警察は現場から約7キロ離れたショッピングモールの駐車場でナサニエル・ベルトマン容疑者(20)を逮捕し、殺人などの罪で訴追した。被害者と面識はなかったという。

 動機については「ヘイトによって動機づけられた計画的な犯行だという証拠がある。犠牲者はイスラム教徒だから狙われてしまったとみられる」と述べた。

 現地のイスラム教徒団体は7日、「これはテロ攻撃だ」と非難する声明を発表。2017年にケベック市で礼拝所(モスク)が銃撃され、6人が死亡した事件に触れ、「カナダのイスラム教徒はイスラム恐怖症による暴力に慣れすぎてしまっている」と訴えた。(ニューヨーク=藤原学思)