頼りの病院も「骨折は無理」 リコールの町、医療はいま

有料会員記事

伊藤智章、本井宏人、土井良典
[PR]

 村上孝治町長に対するリコール運動でゆれる愛知県東栄町

 「行ってきます」

 週に3回、朝8時。東栄町中設楽に住む金田裕之さん(58)は、母親(92)を1人残して家を出る。行き先は、約40キロ離れた浜松市浜北区にある透析クリニック。毎回、血液から老廃物を取り除く人工透析を4時間ほど受け、往復で約6時間の行程になる。

 昨年3月に町の東栄医療センター(旧東栄病院)が透析をやめるまでは、家から10分だった。同町など2町1村の北設楽郡に、透析ができる医療機関はほかにない。20人弱いた患者は浜松市のほか、愛知県新城市長野県阿南町などまで通うことになった。

町長リコールのきっかけとなったのは、地域医療の危機でした。町長は、医療態勢を縮小して初期医療に特化する方針を掲げ、「ほかに方法はない」といいます。過疎地の医療の現状を、記事後半で紹介します。

 送迎する民間クリニックもあるが、患者は高齢者が多く、道中は山道。ワゴン車に車いすごと固定されて通っている人もいる。

 「俺はまだ若いから、いいんだけど」。金田さんの気がかりは、ぜんそく持ちの母親のこと。透析で出かけている間に具合が悪くなったら――。センターは休日夜間の救急受け入れをやめ、入院病床も来年には廃止される。

 母親はどこで医療を受ければいいのか。

過疎化で患者は半減、医療ス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。