「子どもの権利を広めて」中学生が厚労省に提案したこと

有料会員記事

[PR]

 ひと 「子どもの権利条約母子手帳に載せて」と訴える中学生 坂口くり果さん(15)

 「子どもの権利条約」を大人も子どもも広く知ってもらいたい――中学3年の坂口くり果さん(15)は「権利条約の内容をすべての親がもつ母子手帳に載せてほしい」と訴える。地元の東京都世田谷区では区長に会って説明、2年前に実現した。次の目標は全国共通の掲載。「勇気を振り絞って厚生労働省に働きかけていく」

 国連で32年前に採択された「子どもの権利条約」を知ったのは、小5のときだ。子どもの貧困問題に取り組むNPOのキャンプに参加していた。虐待や有害な労働から守られる権利はピンとこなかったが、意見を言う権利は自分に関係すると思った。「自分に権利があると聞いて、うれしかった」

 でも、学校ではあまり教えら…

この記事は有料会員記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    氏岡真弓
    (朝日新聞編集委員=教育、子ども)
    2021年6月9日18時13分 投稿

    【視点】「子どもの権利条約」が発効して30年余り。しかし、この条約は学校でほとんど教えられていません。 国連NGOセーブ・ザ・チルドレンが15歳から17歳までの子どもと、80代までの大人に調査したところ、「内容までよく知っている」と答えたのは子ども