立憲・本多氏、性交同意発言で「不快な思いさせおわび」

鬼原民幸
[PR]

 性交同意年齢の引き上げを議論する立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチームで、「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などと発言した本多平直衆院議員(56)=比例北海道ブロック=が8日午後、国会内で記者団の取材に応じた。

 本多氏は「私の認識不足の発言で、多くの方を傷つけ、不快な思いをさせたことを心からおわびする」と頭を下げ、発言を撤回する考えを改めて示した。

 また、「中学生を保護するため(性行為をした)成年を処罰するという考え方に賛成している」と語り、自身の発言の意図について「人を処罰する法律なので、本来は想像できないような事例を幅広く検討したいと考えているなかで(の発言だった)」と釈明した。

 本多氏が取材に応じたのは、この日の衆院本会議の後2分間ほど。記者が質問を続けるなかで「時間がないので」と述べ、その場を立ち去った。立憲は当初、「撤回したから、それでいい」(福山哲郎幹事長)との姿勢だったが、7日夜になって一転、福山氏が本多氏を厳重に口頭注意したと発表した。鬼原民幸