五輪開催 もし日本が選手団を送り出す立場なら?

有料会員記事

聞き手 シニアエディター・尾沢智史 聞き手・中島鉄郎
[PR]

 東京五輪は観客を入れて開催したい。だが、それを可能にする条件は説明しない――。これが、いまの菅義偉首相の姿勢にみえる。だが、それでは判断しようがない。観客を入れる意味とリスクとは。語られていない課題とは。今回の五輪を「やるための条件」とは何なのか。

市民の医療守るため、ステージ2以下に維持を 和田耕治さん(国際医療福祉大学教授)

 ――感染症の専門家として、五輪の開催をどう考えますか。

 「五輪と感染症の問題はこれまでにもありました。2016年のリオ五輪では、ブラジル国内でジカ熱が流行し、大会中止の議論もあった。ただ、新型コロナは、それとは比較にならない世界的な脅威です。この状況での五輪開催は、かなりのチャレンジといわざるをえません」

 ――現時点では、政府は観客を入れての開催の道を模索しているようです。

 「観客間の感染リスクを下げる対策は、プロ野球の試合などで検証されてきました。マスク着用を原則とし、しない人には注意する。飲食は最低限にする。これらの対策で、競技会場での観客間の感染はかなり抑えられると思います」

 「ただ観客を入れると、どうしても人の流れが起きます。特に地方と首都圏の間の移動が問題で、観戦前後の飲食などで感染が起き、地方に広がるリスクは十分に考えられます。第4波で沖縄と北海道で感染が拡大したのは、大型連休で都会から人が来たことも関係しています。五輪開会からパラリンピック閉会まで、感染者の増加を抑え続けられるように市民の協力を要請できるかにかかっています」

 ――無観客にすれば、リスクはどの程度減るのでしょうか。

 「人流の増加による感染リスクは大きく減るでしょう。加えて、観客を入れないことで、医療などのリソースがかなり節約できます。それをリスクの高いところに振り向けられるメリットは大きいといえます」

 「国内で感染が再拡大し、対策を強化する際に、オリ・パラの開催形式が人々の気持ちに与える影響も考えなければなりません。人々には外出を自粛してもらうのに、競技会場には観客が多く入っているのでは、市民の協力がどの程度得られるかわかりません」

和田さんは「感染症対策の責任の所在があいまい」と指摘します。また記事の後半では、元観光庁長官の溝畑宏さんに話を伺いました。溝畑さんは五輪開催を不安視する世論は理解できるとしつつ、プロサッカーチームに携わった経験から有観客と無観客では選手のモチベーションが全く異なるといいます。

 ――選手間で感染が広がるリ…

この記事は有料会員記事です。残り3143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。