リコール署名偽造した疑い 事務局長ら4人を再逮捕

[PR]

 大村秀章愛知県知事に対するリコール署名の偽造事件で、愛知県警は8日、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで、運動団体事務局長で元県議の田中孝博容疑者(60)ら4人を再逮捕し、発表した。県警は4人の認否を明らかにしていない。

 他に再逮捕されたのは、妻の田中なおみ容疑者(58)、次男の田中雅人容疑者(28)、事務局員の渡辺美智代容疑者(54)。

 県警によると、4人は共謀して昨年10月下旬ごろ、県外でアルバイトらに指示し、愛知県内の有権者の氏名を署名簿に書き写させて偽造した疑いがある。

 関係者によると、代筆作業は広告関連会社(名古屋市)が約1500万円で請け負い、佐賀県青年会館(佐賀市)で行われた。昨年10月20~31日に1日あたり数十人のアルバイトが参加。12日間で推計で計約70万筆分を書き写したとされる。

 4人は5月19日に同容疑で逮捕された。県警は、無効の疑いが生じた約36万筆のうち何筆分を佐賀での偽造分として立件したかを明らかにしていない。捜査関係者によると、再逮捕分も含めて計数十筆分とみられる。地方自治法などでは、リコール署名の氏名は例外を除き代筆が認められていない。