10代への接種、町外から抗議電話が殺到 京都・伊根町

[PR]

 12~15歳への新型コロナウイルスワクチン接種を6日に始めた京都府伊根町に、接種に反対する電話が町外から殺到していたことが分かった。町が設けたコールセンターは回線がパンク。「殺すぞ」などの過激な内容もあり、町は府警に相談しているという。

 同町では予定を前倒しして5月30日から16~64歳への接種を開始。厚生労働省がファイザー社製ワクチンについて12~15歳も公費接種の対象に加えたことを受け、6月6日からは12歳以上への接種を始めた。

 だが町によると、12歳への接種が報じられた翌日の7日朝からワクチン対応のコールセンターに抗議などの電話が相次ぎ、町はセンターを午前9時の開始から30分で停止。役場での対応に限ったが、7日夜までに全国から電話約110件、メール36件、ファクス8件があったという。

 若年層の接種の安全性に関す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]