政府、非正規労働者らへの追加支援策 時給引き上げ促す

新型コロナウイルス

伊沢友之
[PR]

 菅義偉首相は8日午前、新型コロナウイルスの影響で苦境にある非正規労働者らへの追加支援策を発表した。最低時間給を引き上げ、賃金格差が広がらないようにする企業に対して助成金を拡充するほか、飲食、宿泊業を中心に金融支援を強化することなどを柱としている。

 非正規労働者らへの支援を話し合う関係閣僚会議を同日午前、首相官邸で開いて決定した。

 支援策ではほかにも、職探しをする人が給付金を受けながら職業訓練を受けられる「求職者支援制度」の利用が想定を下回っているとし、申し込みから受講開始までの期間を半月程度に短くする。また、政権が成長分野と位置づけるデジタルや脱炭素の分野に人材の移動を促すため、教育訓練の講座に加え、社会人へのリカレント教育(学び直し)を実施する大学も支援する方針だ。(伊沢友之)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]