G7会場は英首相のゆかりの地 曽祖父が住んだ海辺の村

有料会員記事

カービスベイ=国末憲人
[PR]

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月11~13日、2年ぶりに開かれる。英国の会場は、ロンドンから遠く離れた海辺の村。実は、ジョンソン首相の家族の故郷だ。パンデミックの影響と環境への配慮から、異例の小規模開催となる。

 グレートブリテン島南西部の半島コーンウォール地方は、海と丘との風光明媚(めいび)な保養地だ。一方、不便なことでも有名で、首都から列車で5時間あまり。そこにある人口3500人程度の村カービスベイが開催地に選ばれた。穏やかな海と広い砂浜、高台からの眺望が自慢だが、特段の名所はなく、観光ガイドでの言及もほとんどない。

 「この村に首脳がみんな来るなんて、大いに誇らしいですね」と、地元の民宿経営エイドリアン・ラシュリーさん(54)は喜ぶ。サミット会場は近年、首脳の警備の都合上から大都市を避ける傾向にあるが、これほどの田舎も珍しい。

 「実はここ、ジョンソン家の…

この記事は有料会員記事です。残り619文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    郷富佐子
    (朝日新聞論説委員=国際、ジェンダー)
    2021年6月11日11時53分 投稿
    【視点】

     食いしん坊の立場から、コーンウォールに関する豆知識を。この地方は、「コーニッシュ・パスティ」というスナックで有名です。英国ではどこのパブにもだいたいあって、私も学生時代によく食べました。ミートパイ風ですが、ジャガイモが入っているので腹持ち