NZラグビー代表、五輪事前合宿中止 沖縄のコロナ懸念

新型コロナウイルス

光墨祥吾
[PR]

 沖縄県読谷村は8日、東京五輪に向けて予定されていた7人制ラグビーニュージーランド代表の事前合宿が中止になったと発表した。県内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることなどから、同国側から中止の申し出があったという。

 読谷村と同国側は、2019年8月に事前合宿に関する覚書を締結。今年7月7日から2週間、男女の選手やスタッフら50人が読谷村の2会場で合宿を予定していた。代表らと一般客との接触を避けるため、宿泊地の選定など同村が準備を進めていた。

 8日午前のオンライン会議で、選手や県民の感染を懸念し、中止が決まった。代表は、直接選手村に入るという。石嶺伝実(でんじつ)・読谷村長は「今後も友好関係を大切にしながらスポーツを通じた交流を深めたい」とコメントした。(光墨祥吾)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]