ツバメに愛される「お宿」 巣作りを見守る夫婦の35年

有料会員記事

篠原大輔
【動画】ツバメに愛され35年 納屋に37個の巣=篠原大輔撮影
[PR]

 奈良県宇陀市の大宇陀地区に、ツバメに愛された家がある。35年も毎年やってきては木の柱に巣を作り、いま37個ほどある。今年も3月17日に第1陣がやってきた。お盆のころに第3陣が飛び去っていくまで、ツバメをいとおしむ夫婦の幸せな日々は続く。

 チュンチュン、チュンチュン。朝5時前になると、西谷重信さん(74)と妻の真知子さん(71)が暮らす家の納屋からツバメの鳴き声が聞こえ始める。

 「一羽が鳴いたら、みな鳴きますわ。しばらくしたら外へ飛んでいきます。『明るくなったからいこか』とでも言うてますんやろな」。そう言って重信さんが笑う。

 今年はすでに3組の親子が飛び立っていった。農機具などが置いてある納屋には6月8日現在、7組の親子が生活している。それぞれの巣に4~5羽のヒナがいて、親は周辺の田んぼや里山を飛んでは、えさのトンボやバッタを捕獲。巣に戻って子どもに食べさせる。一日中、この繰り返しだ。

 「あれだけ飛び回ってるのに、ツバメ同士がぶつかったのは見たことない。ほんまに不思議ですわ。鳥のアレがあるんやろねえ」。真知子さんも笑う。

 西谷家の納屋に最初にツバメが飛来したのは1985年ごろ。冬はシャッターを下ろし、暖かくなる3月ごろから開け放っていた。「最初は1組か2組やったかな。こっちも『ツバメが来たなあ』という軽い感じでね。じきに『今度はいつ来るんかな?』という気持ちになってきました。来るのが遅いと『何かあったんちゃうか?』と心配になるしね」と重信さん。年を重ねるごとに、納屋の巣が増えていった。

 35年もの間、ツバメととも…

この記事は有料会員記事です。残り1168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら