全ボランティアへのワクチン接種検討 丸川五輪相が表明

小野太郎
[PR]

 丸川珠代五輪相は8日の参院文教科学委員会で、東京五輪パラリンピックの全ての大会ボランティアに対し、新型コロナワクチンの接種を検討していることを明らかにした。ただ、全国から集まるボランティアにどう接種を進めるのか、課題も残っているという。

 日本維新の会松沢成文氏が全員にワクチン接種する方向で検討するかを尋ねたのに対し、丸川氏は「その方向で進んでいきましょうということで合意している」と答弁。そのうえで「実務上の課題がいくつかある」として、ワクチンや打ち手の確保などの課題を例示し、「関係者間でよく検討していく」と述べた。

 競技会場などで活動する大会ボランティアは当初約8万人が活動する計画だったが、約1万人が辞退している。ワクチン接種をめぐっては、丸川氏が5月、選手と頻繁に接触する一部のボランティアも接種対象にすることを表明していた。(小野太郎)