砂糖に埋まる埴輪クッキー 発掘・修復・おいしく食べる

有料会員記事

星井麻紀
[PR]

 「日本一の埴輪(はにわ)県」を誇る群馬県らしい商品が誕生した。埴輪を発掘したり修復したり。そんな遊び心いっぱいのクッキーセットだ。前橋市のカフェが考案した。「コロナで大変な中、みんなで笑顔になれたら」との願いがこもっている。

 箱を開けると、一面の土(に見立てたきび砂糖)。木べらで掘り返していくと、埴輪(型のクッキー)が出土した。ミニブラシで、細かい土を丁寧に取り払うと、現れたのは国宝の「埴輪 挂甲(けいこう)武人」。太田市で出土したものだ。

 割れた状態で埋もれている埴輪の破片も出てくる。そんな時は付属のチョコペンを断面に塗ってくっつければきれいに修復可能だ。

 考案したのは県庁そばにあるカフェ「G FACE CAFE」の小豆畑由美子さん。コロナ禍で客が激減し、「ステイホームなら、おうちで楽しめるものを開発したい」と思案していた。

 そんな時、小さいころからよく知っている中学生の男の子が家族と一緒に来店した。発想力豊かな彼と話しているうちに、ヒントが次々に出てきた。「埴輪のクッキーがいいんじゃない?」「だったら発掘できたらおもしろい」「修復も!」。話が一気に膨らみ、具体化した。

 手作りの味を大切にしている…

この記事は有料会員記事です。残り325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら