駐日英大使「政治的主導も不可欠」LGBT思いツイート

有料会員記事

笠原真
[PR]

 自民党がLGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案の今国会への提出を見送るなか、ジュリア・ロングボトム駐日英国大使が4日、ツイッターに「日本の多くの皆さんと同じように、だれでも性的指向や性自認を問わず自由に生活が出来る社会が欲しい」と投稿し、「そこに至るため、政治的主導も不可欠です」と訴えた。

 ロングボトム大使は「#DontBeSilent(黙っていないで)」などのハッシュタグを付けて日本語で投稿。8日、朝日新聞の取材に対し、英語の書面で回答した。

 「過去数週間、LGBT+に関わるニュースが増えていることに気づき、日本におけるこの問題を私も支援していると、ツイートしたいと思った」と意図を説明。性的少数者らがより暮らしやすい社会をもたらすには、「進歩を見たい人たちが立ち上がる必要がある」と主張し、「私のツイートがその姿勢を示すのに役立つことを望む」と期待した。

 日本政府による性的少数者の権利への支援については、「英国として発言する立場にない」とした一方、「私がツイートしたように、人々が性的指向や性自認を問わず、自由に暮らせる社会を作り上げるには、政治的主導が必要不可欠だ」と改めて訴えた。(笠原真)

 ロングボトム大使の朝日新聞への回答は次の通り。   

「自由に、恐怖抱えず暮らすために…」

 ――どのような意図で今回の…

この記事は有料会員記事です。残り990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら