感染リスクの提言「IOCにぜひ伝えて」 尾身氏

[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は8日、東京五輪パラリンピック開催に伴う感染リスクに関する考えについて「IOC(国際オリンピック委員会)にぜひ伝えていただきたい」と話した。参院厚生労働委員会立憲民主党の田島麻衣子氏の質問に答えた。

 尾身氏は五輪開催時のリスクについて、政府や自治体、大会組織委員会、IOCが共有した上で、感染対策を実施する必要があると指摘。「私はIOCに直接のチャンネルを持っていない」と前置きしつつ、IOCに「日本の状況を知ってもらって、理解してもらうことが大事」と強調。考え方の提出先を政府とするのか、大会組織委員会とするのかは未定だが、提出先の組織からIOCに伝えることを求めた。