アプリで知り合った女がFX投資話 3千万円の詐欺被害

坂田達郎
[PR]

 山形県庄内地方の50代の会社役員の男性が、マッチングアプリで知り合った女から外国為替証拠金取引(FX)への投資を持ちかけられ、約3千万円をだまし取られた。山形県警が実際のやり取りに使われたSNSの画像を公開し、注意を呼びかけている。

 捜査2課によると、男性は昨年11月ごろ、女と知り合い、FX投資に誘われた。複数の人物を紹介され、SNSで「口座開設料が必要」「レートを上げるために入金を」と求められ、指定された口座に入金。同じアプリで知り合った別の女からもFXを勧められ、同12月~今年2月ごろに十数回、計約3千万円を振り込んだという。

 いずれも金融機関で振り込んだ。1回の最高額は700万円に達し、対応した職員が目的を尋ねたこともあったが、男性は「(会社の)運営資金だ」などと説明したという。男性が2月ごろに口座から現金を引き出したいと女に依頼したがかなわず、被害に気づいたという。(坂田達郎)