ゴルフ場の高所作業車が電線接触 カゴに乗った2人死亡

小寺陽一郎、土居恭子
【動画】戸塚カントリー倶楽部で高所作業車が高圧線に接触=山中瑞喜撮影
[PR]

 9日午前9時10分ごろ、横浜市戸塚区名瀬町で「高所作業車が高圧線に接触し、負傷者がいる」と119番通報があった。神奈川県警戸塚署によると、ゴルフ場内で高所作業車を使った木の伐採作業中、男性2人が乗ったバケット(カゴ)が電線に接触したという。2人は、伸びたアームの先のバケット内で動かない状態だった。このため、電線に流れる電気をとめ、バケットを下ろした。2人は午後1時15分に死亡が確認された。

 現場は「戸塚カントリー倶楽部」(横浜市旭区)の西コース15番付近。この日は造園会社の40代と50代の2人がバケット内で作業していた。署は死亡したのはこの2人とみて身元を確認する。近くで水まきをしていたゴルフ場の従業員は署に対し「衝撃音がして見たら、炎と煙が出ていた」と話しているという。(小寺陽一郎、土居恭子)