「リケジョ」はなくなるのか 女性研究者と記者が考えた

藤波優、小川詩織、杉浦奈実
5月30日に開催された記者サロン「『リケジョ』はなくなるのか」。名古屋大学准教授の佐々木成江さんと東京農工大助教の黒岩恵さんをゲストに迎え、3人の元「リケジョ」記者が、女性研究者とワークライフバランスの悩みとその解決策について聞いた。
[PR]

 家事や育児の負担が重くのしかかる中、女性研究者がジェンダーにとらわれずに仕事を続けるには何が必要なのか――。朝日新聞での連載をきっかけに、5月30日にオンラインの記者サロン「『リケジョ』はなくなるのか」が開催され、約300人が視聴した。取材にあたった記者とゲストの女性研究者が、問題の背景や解決策などについて話し合った。

 ゲストとして登場したのは、全国初の学内の学童の立ち上げに携わった名古屋大准教授の佐々木成江さんと、5歳の長女を育てながら研究を続ける東京農工大助教の黒岩恵さん。いずれも、子育てと研究のバランスの取り方に苦労してきた。

 研究との両立で困った点につて、黒岩さんは「研究にかけられる時間が減り、出張などができなくなった。実習を受け持っていたので、育休を取らずに産休だけですぐ復帰した。任期の都合もあり、長期の休みを取るのが難しい」と話した。

 佐々木さんも「私も育休を取らず復帰した。同僚と同じマンションに住んで助け合ったり、お手伝いさんに家事を頼んだりした」という。

 必要だと思う仕組みや制度について、黒岩さんは「(休職中の職員をバックアップする)職員の派遣制度はかなり助けになると思う。加えて、任期付きで次の職を探す時、公募の条件に給与も書かれていないようなことがよくある。福利厚生の制度もわからず、将来のキャリアプランを立てづらい。支援制度の内容を採用段階や、実際に働いている人に知らせることも必要だ」と指摘した。

 佐々木さんは「どうやって仕組みを変えるか、変えてきたかを知ることが自分達を守る武器になる」という。同居支援についても、海外のように夫婦雇用や、国が研究員を雇ってどこでも異動できる身分を確保する制度を早く作ってほしいと依頼しているところだ、と説明した。

 研究という仕事の性質上、長時間労働が多いことについては、2人とも「男性も含めた働き方の変革が必要だ」とした。

 黒岩さんは「今、大学の運営に関わるようなポジションの方は、家庭で奥さんが子供の面倒をみて、というのがベースにあるのだろうと感じる。女性を採用しても、例えば子育て中の人が定着するかというと、単純にポストを空けただけでは定着できない部分もある」。

 佐々木さんも「会議やセミナーなどを、午後5時以降や土曜日に入れられてしまうのは問題だ。公式に参加しなくてはいけないものは、就業時間内に収めることが大事という気がする」と話した。

 記者サロンの詳しい内容は、6月20日の朝日新聞朝刊フォーラム面で掲載する予定。(藤波優、小川詩織、杉浦奈実)