職域接種「15日にもワクチン到着」 伊藤忠の舞台裏

有料会員記事

橋田正城
写真・図版
伊藤忠商事の小林文彦副社長。事業所内保育所の運営を委託するポピンズの保育士も、ワクチンの職域接種の対象にした=2021年6月8日、東京・北青山
[PR]

 新型コロナワクチンの職域接種を21日に始め、約7500人への2回の接種を8月中に終える計画の伊藤忠商事の小林文彦副社長が、具体的な検討や準備の状況について朝日新聞の取材に応じた。国の動きを踏まえ4月から準備を進めてきた結果、ワクチンが15日にも到着するとの見通しを表明。行政の要請に沿って希望者限定の接種とするとした上で、接種率を上げるには各社の対応のスピード感が重要になると課題を語った。

 小林副社長によると、職域接種の検討は、経済産業省から意向調査が届いた4月末ごろから十数人の作業班をつくって始めた。「分からないことはたくさんあった」ため、経産省厚生労働省、本社を置く東京都港区などの行政に「何をどう準備すべきかなどを、そのつど聞いた」。行政からは、あくまでも希望者だけに接種すること、ワクチンが無駄にならないようにすることを念押しされたという。

 接種規模の検討にあたっては、地域医療の負担を減らすという職域接種の趣旨から、「どこにも迷惑をかけず、自社で全てを完結できる範囲」にとどめることを重視。常勤の産業医3人が問診、看護師6人が打ち手を担うことで、8月までに約1万5千回を接種できると算段した。そこから逆算して、東京・大阪の両本社ビルで働く約6千人のほか、事業所内保育所の運営会社「ポピンズ」の保育士約1500人も接種対象に含め、約7500人に2回接種ができると判断したという。

 従業員50人未満の事業所は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。