国の身分証269種を一つに 「検査円滑化」河野大臣

坂本純也
[PR]

 河野太郎規制改革相は8日の閣議後会見で、国の法令に基づく立ち入り検査で使用する10府省庁にまたがる269種類の身分証を、一つに統合すると発表した。身分証の統合はすでに環境省で実施しており、他の府省庁に広げた。来年4月までに実施する方針。

 身分証は各法令に従って1枚ずつ発行される。河野氏は3月に小泉進次郎環境相とともに、自治体からの要望を受け、45種類の身分証を1枚に統合した。その後、大臣直轄チームが自治体に類似事例の有無を聞き取ったり、府省庁に照会したりしたところ、農産物検査法(農林水産省)や高圧ガス保安法(経済産業省)などの法令に基づく269種類の身分証の追加統合が決まった。

 河野氏は会見で、「人事異動の際の発行事務が軽減され、立ち入り検査の円滑化に資する」と強調した。統合する身分証は、すでに環境省が定めた様式に統合するという。(坂本純也)