尾身会長、五輪向けの追加対策「納得できる景色が大事」

新型コロナウイルス

[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は9日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪向けに追加で新しい感染対策が必要になるとの考えを示した。多くの国民が試合後に会食するなどして、人の流れが増える可能性があるためだという。

 立憲民主党長妻昭氏の質問に答えた。尾身氏は6月20日が期限の東京都などに対する緊急事態宣言が解除になれば、リバウンドがおきる可能性があると指摘。五輪期間を対象に会場での対策とは別に「恐らく一定程度の感染対策をお願いすることになる」と述べた。具体的な対策の中身には言及しなかった。

 尾身氏は「(対策に協力する人が)納得できるようなスタジアムの中の景色が大事だ」とも言及。国民の理解を得るため、会場内の観戦環境も抑制的にすべきだと指摘した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]