名古屋の高島屋、イオンモールに出店へ 西武岡崎店の跡

根本晃
[PR]

 JR名古屋高島屋を運営するジェイアール東海高島屋は9日、愛知県岡崎市イオンモール岡崎に、来年春に食料品売り場を出店すると発表した。名駅エリア外への出店は初めて。コロナ下での内食需要の高まりなどを踏まえ、展開を決めたという。

 売り場は「ジェイアール名古屋タカシマヤ フードメゾン 岡崎店(仮称)」。昨年閉店した西武岡崎店の跡地の一部(1階、約2400平方メートル)に入る。「上質感のあるデパ地下スタイル」をうたい、人気の和洋菓子や総菜、生鮮品やパンなどをそろえる。

 愛知県東部の三河地方では昨年3月に豊橋市の「ほの国百貨店」が閉店。豊田市松坂屋豊田店も今年9月に営業を終える予定だ。ジェイアール東海高島屋は、百貨店の「空白区」となる地域で事業範囲を広げ、新たな需要を取り込むねらいもあるとみられる。(根本晃)