株主総会オンラインだけでも 改正競争力強化法成立

平林大輔
[PR]

 株主総会をオンラインだけで開けるようにする産業競争力強化法の改正案が9日、参院本会議で可決、成立した。新型コロナウイルス感染防止などが目的だ。条文のミスで審議が遅れ、総会が集中する今月末の適用は難しい見通し。

 会社法では株主総会の場所を決めて招集することになっており、会場とオンラインを併用する必要があった。改正法では国の確認を受ければオンラインだけで実施できる特例を設けた。

 このほか、脱炭素やデジタル化に向け企業の取り組みを後押しする仕組みも導入する。温室効果ガスの排出を減らす設備を導入する際、投資額の最大10%を法人税から控除できるようにした。(平林大輔)