• アピタル

首相「接種は大体100万回」 官房長官「未達」の見方

[PR]

 菅義偉首相は9日午後、立憲民主党枝野幸男代表との党首討論で、新型コロナワクチン接種について「順調に進んでいる。昨日は100万回を超えてきた」と述べた。ただ、加藤勝信官房長官は同日午前の記者会見で100万回は「未達」との見方を示した。首相が1カ月前に掲げた「1日100万回」の目標到達をめぐり、官邸幹部間にズレが生じた。

 首相官邸のホームページ(HP)によると、8日時点の累計でのワクチン総接種回数は、前日比で約102万人増えた。ただ、この数字には「過去分」の接種も含んでいるとの注意書きがある。加藤氏は9日の定例会見で、「1日100万回」に達したのか問われ、「昨日の接種回数プラス一昨日以前で後から報告が上がってきたものも入っている」と説明した。

 首相と官房長官の食い違いについて官邸スタッフは、9日午後の段階では「長官の説明が事実」と解説する。官邸HPで公表される数字は、医療機関や自治体が専用端末に入力した接種記録がもとになる。接種当日ではなく、後日まとめて入力する自治体などがあるため、リアルタイムで接種数を把握する仕組みにはなっていない。

 一方、官邸HPには集計日別の統計も掲載されており、8日は約63万9千人が接種したことになっている。接種記録の入力が遅れても、後に数字は更新、修正されるという。ある政府関係者は「遅くとも月内には『1日100万回接種』を達成することができるはずだ」と説明している。

 9日夜に記者団からの取材に応じた首相は、「1日100万回」を超えたとする根拠を問われ、「毎日毎日、過去のやつ(数字)が上がってくるので、どこで100万回というのは分からないが、このところは大体その数字になっている」などと述べた。