「同意性交」発言、立憲が外部有識者委員会で調査へ

[PR]

 立憲民主党本多平直衆院議員が党会合で「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言した問題をめぐり、同党の枝野幸男代表は9日、外部有識者でつくるハラスメント防止対策委員会で調査することを明らかにした。

 委員会は本多氏や関係者に聞き取りを実施し、発言の経緯などを調査する。党は委員会に対し、再発防止や性犯罪に関する認識の共有のために必要な取り組みについて、意見を求めるという。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント