石破氏、五輪開催の判断「基準ないなんてあり得ない」

山下龍一
[PR]

 自民党石破茂元幹事長は9日、TBSのBS番組に出演し、野党が菅義偉首相に示すよう求めている東京五輪開催の判断基準について、「(基準は)作るべきだ。基準を作っていないなんていうことは、あり得ないと思う」と述べた。

 石破氏は判断基準について、「時が来ればそういう(開催するかどうかの)判断をせざるを得なくなる」とし、事前に基準を示すべきだと指摘。「土壇場になって判断するのは、国の姿勢としてどうなのか」と疑問を呈した。

 また、秋に行われる予定の党総裁選をめぐり、「『我が党の党首を総理にしてください』というのが小選挙区制の意義だった」としたうえで、「仮に菅さんが総裁で衆院選に勝ったとすれば、それは国民の意思が示されたという一つの考え方にはなる」と語った。

 衆院選での自民党の勝敗ラインについては、「単独過半数は一つのラインだ」と述べた。(山下龍一)