米、TikTok禁止令取り消し バイデン氏が調査指示

ワシントン=青山直篤
[PR]

 バイデン米大統領は9日、中国発の動画アプリ「TikTok(ティックトック)」や対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内での使用を禁じるトランプ前政権の大統領令を取り消すと発表した。代わりに、中国など「敵対国」が開発したアプリのリスクについて、より詳細な調査を進めるよう関係部局に指示した。

 トランプ前政権は昨年8月、ティックトックの米国内での使用を禁じる大統領令を出した。その後、ティックトックの米国事業について米企業への売却交渉が進められたものの、法的な根拠もあいまいで混乱が続き、連邦地裁が禁止措置の差し止めを命令していた。(ワシントン=青山直篤)