米国、ワクチン5億回分を世界へ寄付 バイデン氏表明へ

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄、ロンドン=金成隆一
[PR]

 米紙ワシントン・ポストは9日、米政権が米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチン5億回分を購入し、世界に寄付すると報じた。主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席するため英国入りしたバイデン大統領が近く表明する見通しという。

 ホワイトハウスのサリバン大統領補佐官は9日の会見で、世界へのワクチン提供計画について問われ、「バイデン氏が明日話す。世界中の貧しい国々に、より多くのワクチンを寄付するのを支援するため、米国は追加の手段をとるだろう」と答えた。

 同紙によると、5億回のうち2億回は今年提供し、3億回は来年前半に提供することになるという。これらのワクチンは、世界保健機関(WHO)などが主導する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じて送ることになるという。発表にはファイザーのブーラCEOも同席するとした。

 米国はこれまでに8千万回分のワクチンを他国に供給すると公表し、すでに2500万回分については提供先を明らかにしていた。

 英国もジョンソン首相が、開…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]